コーチングプラットフォーム

CoachHubプラットフォームの仕組み

認識する

自分の 強みを認識して目標を立てる

  • 弊社の総合的なコーチングのフレームワークをもとに、受講者が取り組むべきフォーカスエリア、
    達成したい目標を設定します。
  • 強みをさらに強化するか、弱点に対処するか選択します。
  • コーチは各ステップでフィードバックや明確な説明、サポートを提供し、
    エクササイズやテクニックを提案します。

変革

日々振り返りを実施し、新たなことを取り入れ、学び、探求します

  • コーチは、CoachHubのコーチングプラットフォームを介したビデオセッションで、
    受講者の日常生活や仕事上の具体的な課題や状況に焦点を当てながら一緒に取り組みます。
  • コーチは従業員が視点を変え、既存の強みを発揮し、有効な解決策を見つられるよう支援します。
  • また、セッションの間に行われるマイクロラーニングは、学んだことを仕事の場面で応用しやすくするものです。

測定

成長を把握し、成功を祝う

  • 受講者は改善、成功したことや中間目標の達成度をアプリで直接確認することができます。
  • 目標達成度は継続的な評価とフィードバックで把握することができます。
  • 弊社のコーチングプラットフォームでは、
    人事部が従業員のフォーカスエリアへの取り組みや目標へどのように取り組んでいるか進捗を確認することができます。
    実際のコーチングセッションの内容は機密保持されていますのでご安心ください。

コーチングによるビジネスへの影響

人事管理ダッシュボード

人事部は、
CoachHubの管理ダッシュボードからチームの進捗状況とROIをしっかりと把握できます:

  • 新規受講者を追加する。
  • 人材開発プログラムを拡張する。
  • 従業員のフィードバック、満足度、組織の強みをモニターする。
  • 目標の達成度や進捗の優先順位を把握する。
  • CoachHubアカウントを管理する:請求、コミュニケーション、
    テンプレート、契約書は、すべて管理ダッシュボードで一元管理できます。

コーチングのプロセス

すべての企業は独自の課題に直面しており、独自の解決策を必要としています。CoachHubでは、御社のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

  • キックオフ

    御社のニーズに合わせたコーチングカリキュラムを一緒に作成し、独自の学習体験を促進します。
  • 受講者アンバサダーの任命

    御社の受講者チームの中で、受講者アンバサダーとなる参加者を選びます。
  • アクセスする

    社内のコーチングに対する関心を高め、コーチングを受ける従業員の準備をお手伝いします。
  • コーチングの開始

    受講者がアクセスできるようになり、自分自身の中の優先順位を確認し、自分にピッタリのコーチを見つけ、明確で測定可能な目標を設定します。
  • セッション

    受講者は定期的なビデオセッションを自分で管理し、中間目標の達成度で進捗状況を把握しつつ、実践的なエクササイズで自分自身を成長させます。
  • レポート

    ダッシュボードからの報告を確認し、コーチングプログラムの進捗をモニターします。

グローバルオフィス

業界をリードするグローバルなデジタルコーチングプラットフォーム

業界をリードするCoachHubは、部署や年功序列を問わず、全従業員対象のパーソナライズされた測定可能で拡張性のあるコーチングプログラムを組織に合わせて構築できる、グローバルな人材開発プラットフォームです。CoachHubを導入することにより、企業は、従業員の積極性や生産性、職務遂行能力、定着率の向上など、多くのメリットを享受できるようになります。CoachHubのグローバルなコーチ陣は、6大陸70か国で3,500名以上の認定ビジネスコーチで構成されており、500社以上のクライアントに60以上の言語でコーチングセッションを提供しています。CoachHubのプログラムは、Jonathan Passmore教授が率いる弊社の学術審議会とコーチングラボの高度な研究開発に基づいています。CoachHubは、Draper Esprit、Holtzbrinck Ventures、Partech、RTP Global、Signals Venture Capital、Speedinvestなどの一流のテクノロジー投資家に支えられています。2021年9月、CoachHubはフランスのデジタルコーチングのパイオニアMoovOneを買収し、共に「誰でも利用できるコーチング」に主眼を置いた世界最大のコーチング企業を目指し、構築しています。
This site is registered on wpml.org as a development site.