ビジネスの成長を加速させる

デジタルコーチングは、チームや企業が驚異的な成果を得るのに費用対効果の高い手段です。
デジタルコーチングの強みは、収益を増やし、ビジネス変革をサポートし、
チームの関係を改善して従業員に新たな情熱とより良いワークライフバランスを提供できるところです。

コーチングの成果

近年、従業員向けのコーチングプログラムを採用する企業が増えています。
なぜでしょうか?それはコーチングが効果的だからです。
従業員個人にポジティブな影響を与えるだけでなく、組織全体にも作用します。
コーチングによる投資収益率(ROI)は37%から560%に及び、
少なく見積もったとしても多大な影響があることが分かります。

  • 256% 企業の機敏性(アジリティ)や弾力性(レジリエンス)など、
    ソフトスキルの育成に投資する企業のROIは256%
    (2016年 International Growth Centre)。
  • 従業員のウェルビーイングに投資する企業のROIは250%
    (2020年 CoachHub)。
  • 167% 帰属意識を感じさせる組織は、
    従業員のネットプロモータースコア(NPS)が167%増加
    (2019年 ハーバードビジネスレビュー)。

「デジタルコーチングで企業の成長を促進し、
付加価値を高める」に関する電子冊子をこちらから無料でダウンロードしていただけます。

影響力を増幅させる

コーチングがもたらす個人的なメリットは多岐にわたります。
デジタルコーチングは、パフォーマンス、能力開発、従業員の定着、DE&I、
ウェルビーイングなど、焦点を当てる対象に関わらず、
最高の結果を得られるよう、新しい知識とスキルを授けます。

企業へのメリット

  • 離職率が65%低下(2017年 Workplace Wellness Trends)
  • 生産性が21%向上(2019年 アクセンチュア)

従業員へのメリット

  • 受講者の91%が、自己を見つめ、気付きがあり、目的意識が向上
    (2020年 CoachHub)
  • 受講者の80%が職務に役立つ能力を身に付けたと実感
    (2020年 CoachHub)

金銭を超えた価値

ポジティブな成果は、金銭的リターンにとどまりません。
収益を重視しすぎると、
組織が持つ可能性が制限されてしまう可能性があります。
そのため、弊社のコーチングプログラムは、
組織が強力なコーチング習慣に発展させられるように設計されています。
強力なコーチング習慣を持つ企業は、
他の組織よりもエンゲージメントのある従業員の割合が高く、
53%と比較して61%(2018年 ATD)となっています。また、以下の点でも高い成果を報告しています:

  • 顧客満足度
  • 企業コンプライアンス
  • 能力の高い人材の誘致
  • 新製品の開発と供給
  • 株主価値
  • 大規模な戦略的変革

コーチを採用した個人や企業の99%が「満足した、または、
非常に満足した」と回答しており、96%が継続の意向を示しています
(2018年 ICF Global Coaching Client Study)。

組織の多様な強みを生かす

世界の情勢は絶え間なく変化しており、組織も次々と新たな課題に直面しています。継続的な変化には、継続的な対応、
イノベーション、新たなアイデアが求められます。これらを実現するには、
迅速に対応しながら、同時にグローバルな変革を可能にするDE&I(多様性、公平性、包括性への取り組み)など、企業価値に対する情熱と信頼を示せる新たなリーダーシップが必要になります。

昨今、企業が成功を持続させるためには、新規参入企業に向き合い、需要に対応し、優秀な人材を確保し、明確なビジョンを確立するなど、
様々な分野で前進しなければなりません。コーチングを導入すると、目標の全体像をしっかりと把握し、目標のバランスを取るための戦略を立て、透明性に配慮し、最適なビジネスイニシアチブに集中することができます。

コーチングは、組織が以下のような改善を行えるよう支援します:

企業への支援

従業員のモラル向上

チームの結束力強化

高い潜在能力を持つ従業員の特定と育成

組織変革の指導と支援

ビジネスプロセスとシステムの合理化

従業員への支援

急速な変化に、よりシームレスに適応する能力の育成

個人に権限を与え、責任ある行動を奨励

フィードバックの提供と受け取り

より効果的なコミュニケーション

自己認識力と行動パターンの認知力向上

弊社の全体的なアプローチ

役職を問わず、すべての人にコーチングを提供するのが弊社の理念です。新進のリーダーやラインマネージャーはもちろん、
エグゼクティブに対しても、コーチングの価値を最大限に引き出すよう努めています。
弊社の全体的なアプローチでは、次の3点を重視しています:

科学

コーチングの評価が、厳密な測定に裏付けられた最高の科学的基準を満たしていることを確認しています。

連携

御社と緊密に連携することでビジネスニーズをより深く理解し、目標達成に役立つ明確な評価方法を展開します。

使いやすさ

わかりやすい評価により、受講者が結果を行動に反映しやすくします。

戦略的パートナーシップ

CoachHubは、世界6大陸70か国に3,000任以上の認定ビジネスコーチを擁しており、60以上の言語でコーチングセッションを提供しています。
ICF、Association for Coaching 、EMCCなど、世界をリードするコーチング協会と連携しており、 Harvard Business Publishing、Deloitte、
The Henley Business Schoolと学術・コンテンツの面でパートナーシップを締結しています

電話+1-646-971-9522またはEメール (mail@coachhub.com)へ、お気軽にお問い合わせください。
ソリューションデモは以下からお申し込みいただけます。

グローバルオフィス

業界をリードするグローバルなデジタルコーチングプラットフォーム

業界をリードするCoachHubは、部署や年功序列を問わず、全従業員対象のパーソナライズされた測定可能で拡張性のあるコーチングプログラムを組織に合わせて構築できる、グローバルな人材開発プラットフォームです。CoachHubを導入することにより、企業は、従業員の積極性や生産性、職務遂行能力、定着率の向上など、多くのメリットを享受できるようになります。CoachHubのグローバルなコーチ陣は、6大陸70か国で3,500名以上の認定ビジネスコーチで構成されており、500社以上のクライアントに60以上の言語でコーチングセッションを提供しています。CoachHubのプログラムは、Jonathan Passmore教授が率いる弊社の学術審議会とコーチングラボの高度な研究開発に基づいています。CoachHubは、Draper Esprit、Holtzbrinck Ventures、Partech、RTP Global、Signals Venture Capital、Speedinvestなどの一流のテクノロジー投資家に支えられています。2021年9月、CoachHubはフランスのデジタルコーチングのパイオニアMoovOneを買収し、共に「誰でも利用できるコーチング」に主眼を置いた世界最大のコーチング企業を目指し、構築しています。
This site is registered on wpml.org as a development site.