科学的な専門知識に裏付けされたデジタルコーチング

プラットフォームの中心に科学を据えた弊社のアプローチは、
行動科学とポジティブ心理学に関する最新の研究を取り入れ、
ビジネスと科学の分野で活躍する専門家の協力のもと策定されました。
これにより、持続可能で効果的な最先端のコーチングアプローチを提供し、
具体的かつ永続的な組織的、行動的変化を提供することができます。

ステップバイステップでサポートします

目標

コーチングプロセスの最初の段階では、個人の目標、成長の可能性、個人の強みと価値観を明確にすることに焦点を当てています 。最初に自己分析を行うと、デジタルキックオフセッションに進む前に、受講者の現在のステータスが明確になります。

成長

キックオフに続き、受講者はコーチと2週間に1度、45分間のセッションを行います。セッションでは、目標とフォーカスエリアの進捗について話し合い、現在の課題と起こりうる問題点について考えます。 セッションをより効果的なものにするために、 コーチは受講生がこれまで取り組んだスキルを強化し、新しい行動を定着させるのに役立つマイクロラーニング学習を提案します。

振り返り

コーチは受講者に、定期的に自分の現在の状況を認識し振り返るよう奨励します。 自動解析と統計の結果に基づき、受講者の成長と目標達成度をコーチと一緒に確認します。

コーチングモデル

統合的なコーチングフレームワーク

サイエンスボードと協力し、デジタル時代のリーダーシップを成功させるための2つの重要な側面に焦点を当てた総合的なビジネスコーチングアプローチを開発しました。
何十年にもわたる科学的研究により、個人の成長がリーダーシップと企業の成功に大きな影響を与えることが証明されています。
個人として成長し続ける人こそが、周囲に効果的な影響を与えることができるのです。

人としての成長

  • バランス

    レジリエンスを高め、本質的な事柄のみに集中し、感情をコントロールできるようにします。

  • 存在感

    今この瞬間に集中して生きる方法を学び、地に足をつけ、自分自身と周囲の状況に配慮し、自分自身を大切にすることができます。

  • 目的

    自分の仕事に意義を見い出し、自分の長所や自分にとって本当に大切なものを見出します。

リーダーとして影響力を発揮する

  • パフォーマンス

    明確な目標を設定し、チームのモチベーションを高め、複雑な問題の解決策を見出します。

  • エンパワーメント

    協力を促しながら、同時に個人を尊重し、自立して複雑な問題の解決策を見つけることができるようにします。

  • コミュニケーション

    率直かつ明確にコミュニケーションを取り、重要なポイントに指摘することができ、建設的なフィードバックを提供します。

フォーカスエリアが一目でわかる

弊社のクライアントは、さまざまな目標と課題を抱えています。
CoachHubでは、総合的なコーチングのフレームワークを使用して、コーチングの対象や目標となりうる主なフォーカスエリアとトピックを特定しました。

バランス

レジリエンスを高め、本質的なものだけに集中し、感情をコントロールできるようにします。

レジリエンスは、ストレスの多い状況でも耐久性があり、前向きに行動することができる力を表します。

タイムマネジメントとは、生活上のタスクとのバランスを取り、特定の分野に集中でき、優先順位を決められる能力を指します。

感情のコントロールとは、自分の感情的な状態を意識的に把握し、コントロールすることをいいます。

存在感

今この瞬間を生きる方法を学び、地に足をつけ、自分自身と周囲の状況に配慮できようになります。

信頼性とは、自分の本質を認識し、それに応じて他の人と接する能力を表します。

主体性とは、社内のそれぞれのパートを全体的にバランスの取れた構造にし、強力な外部的効果を生み出す能力です。

マインドフルネスとは、今この瞬間に肉体的にも精神的にも存在し、自分自身とその環境を意識的に認識する能力です。

目的

人生や行動に意義を見い出し、強みや本当に大切なものを見つけます。

洞察力とは、自分の活動に意義を見出し、常にそれを念頭に置いて行動する能力が含まれます。

成長に対する意識の高さは、自分の専門性をさらに高めようとする意欲の度合いを表します。

価値観は、自分の内面的な考え方や道徳的な状況の捉え方に従って行動することを意味します。

リーダーとして影響力を発揮する

パフォーマンス

明確な目標を設定し、チームを刺激してモチベーションを上げ、複雑な問題の解決策を見つけて意思決定を行います。

目標は、従業員が最高のパフォーマンスを発揮するための刺激となります。

モチベーションは、企業のビジョンをチームメンバーに伝え、共通の目的意識を持つことで高まります。

問題解決能力とは、複雑な課題に対する解決策を提供し、適切に意思決定を行う能力です。

強化する

お互いの協力を促すだけでなく、信頼して責任を付与することでチームを発展させ、評価します。

「仕事を任せる」というのは、複雑な問題について、チームメンバーが自主的に解決策を見出すことができるように、どの程度権限を与えているかを示すものです。

感謝とは、他人に対する態度を表すものであり、完全な信頼、認識、親近感により表すことができます。

コラボレーションとは、分野を超えて知識を共有し、利害関係者を巻き込みながらチームメンバーの協働をサポートすることを指します。

コミュニケーション

率直かつ明確にコミュニケーションを取り、重要なポイントに指摘することができ、建設的なフィードバックを提供します。

コミュニケーションとは、文字通りのコミュニケーションとワンランク上のコミュニケーションとの間を行き来する方法を学びながら、情報の流れを維持する能力です。フィードバックとは、チームメンバーが敬意を持って行動を促すような意見を提供し、自分についても積極的に意見を求める能力を指します。コンフリクトマネジメントとは、他者間の対立や衝突に建設的かつ外交的に対処する能力を指します。

リサーチ&サイエンス:

ワーキングアライアンス
コーチングのROI
デジタルコーチングの介入

コンテンツ体験:

マイクロラーニング
調査研究
白書とオンラインセミナー

プロダクトイノベーション:

マッチングアルゴリズム
目標の策定
ROI計算機

コーチングラボについて

グローバルなコーチングラボは、
高度に熟練した行動科学者と学習エンジニアからなる社内チームで、
最新科学を弊社プラットフォームの最前線に届けています。
コーチングラボは、受賞歴があり、
国際的に尊敬されているコーチング心理学者のJonathan Passmore教授がコーチング部門のシニアバイスプレジデントとして率いています。

電話+1(646)971-9522または Eメール(mail@coachhub.com)へご連絡ください。
また、ソリューションデモは以下からお申し込みいただけます。

グローバルオフィス

業界をリードするグローバルなデジタルコーチングプラットフォーム

業界をリードするCoachHubは、部署や年功序列を問わず、全従業員対象のパーソナライズされた測定可能で拡張性のあるコーチングプログラムを組織に合わせて構築できる、グローバルな人材開発プラットフォームです。CoachHubを導入することにより、企業は、従業員の積極性や生産性、職務遂行能力、定着率の向上など、多くのメリットを享受できるようになります。CoachHubのグローバルなコーチ陣は、6大陸70か国で3,500名以上の認定ビジネスコーチで構成されており、500社以上のクライアントに60以上の言語でコーチングセッションを提供しています。CoachHubのプログラムは、Jonathan Passmore教授が率いる弊社の学術審議会とコーチングラボの高度な研究開発に基づいています。CoachHubは、Draper Esprit、Holtzbrinck Ventures、Partech、RTP Global、Signals Venture Capital、Speedinvestなどの一流のテクノロジー投資家に支えられています。2021年9月、CoachHubはフランスのデジタルコーチングのパイオニアMoovOneを買収し、共に「誰でも利用できるコーチング」に主眼を置いた世界最大のコーチング企業を目指し、構築しています。
This site is registered on wpml.org as a development site.